農家の嫁が働きながらこっそりつぶやく独り言

~仕事のこと、農作業のこと、家のこと、子どものこと、 何気ない出来事 ~

【苗にお弁当を持たせる】

週末が田植えで、昨日田んぼに水を入れ、代掻きをしました。

代掻きって何?っていうご質問をいただいたので、簡単に説明します。
代掻きとは・・・
田んぼに水を張って、トラクターなどで土を柔らかく砕き、表面を均等にならす作業・・・かな。
田んぼの中の高低差をできるだけなくし、苗に均一に水が当たるようにします。
表面が平らになることで、苗が定植しやしくなります。

代掻きは、田植え前に行う大事な作業なのですが、もう一つ、地味に大事な作業があるので、今日は、その作業を紹介します。

我が家では、だいたい田植えの3日前に毎年行っている作業で、
「弁当肥え(べんとうごえ)」といっています。
具体的には、
①ウンカ(体長5ミリほど セミみたいな昆虫)によるいもち病予防のためのお薬散布
②硫安による肥料散布
です。

f:id:mosgreen3111:20210611163357j:plain

f:id:mosgreen3111:20210611163427j:plain

f:id:mosgreen3111:20210611163506j:plain

ジョウロみたいな入れ物に、顆粒の薬を入れ、なるだけ均等になるように、ばらまいていきます。そして、葉先に残った顆粒が根元に落ちるよう、長い棒で払い落とします。
ここまでが、①。
続いて②の作業にうつります。

まずは、「硫安」とは、なんぞや?


硫酸アンモニウムの工業上の慣用名で、セロファン、皮なめし、食品添加物などにも使われる、もっとも代表的な化学肥料である。速効性の窒素肥料で、窒素肥料の肥効は安を基準として評価されることが多い。

 

コトバンクさんより引用

 

f:id:mosgreen3111:20210611164939j:plain

水10ℓに対し、硫安50gを20箱に散布
1箱あたり500ml散布・・・
一生懸命計算して、はかりにかけます。
そして、我が家の肥料や薬の計量に欠かせないのが、

f:id:mosgreen3111:20210611165603j:plain

パーマンミニバケツ(笑)

f:id:mosgreen3111:20210611165657j:plain

今年は100箱なので、計算がしやすくてよかった~♬
と、気分よくかき混ぜて硫安を溶かします。

f:id:mosgreen3111:20210611165856j:plain
溶かした溶液を、これまた年季の入ったブリキのジョウロで苗箱にかけていきます。
しかし、ここで手が止まる・・・
ブリキのジョウロ、満タンで9ℓ。
溶液は全部で50ℓ。苗箱は100箱。
ありゃ、ジョウロ一杯で何箱かけたらいいのだろう???

あぁ、わかんないや。9ℓ満タン入れても重たいから、だいたいでいいや。
そうだな、ジョウロにたくさん入れて、だいたい15箱ずつくらいにしよう!!

ということで、鼻歌交じりにジョウロで水を撒いていく。
そして、15箱行ったところで、ジョウロがカラになり、溶液を汲みに行って戻ってきたときに、どこまで撒いたかわかるように、そこらへんにおちているはっぱを目印にする。

f:id:mosgreen3111:20210611171015j:plain

そうして鼻歌交じりに、ジョウロいっぱいに溶液を汲んできて、苗箱のしるしのところまでやってきて、ハタと立ち止まる。
この目印は、「ここまで」なのか、それとも「ここから」なのか・・・
自分でしたことなのに、3歩歩けばもう忘れてしまっている!!どういうこと?なんて苦笑いしながら、この隣の苗箱から水をかける(笑)

そして、無事に100箱、鼻歌交じりのお弁当を持たせることができたのです。
最後に、葉水をかけてあげたらおしまいです。

f:id:mosgreen3111:20210611172330j:plain


鼻歌交じりのお弁当を食べて、しっかり肥えて、田んぼで一人前になるんだよ!!
















【行くべくして・・・】

 

f:id:mosgreen3111:20210526225701j:plain

先日衝動買いした中村哲氏の本。
いつでも読めるように机の上に置いているのだけれど、まだ読み始めたばかり。
そうしたら、偶然なのか必然なのか(あれ、このセリフ、昨日のブログでもつぶやきましたよ)お仕事として、9月にペシャワール会の会長、村上優さんのお話を聴くチャンスに巡り合いました。

 

f:id:mosgreen3111:20210609132723j:plain

f:id:mosgreen3111:20210609133214j:plain

毎年行われている「全国公民館研究集会」。
その「九州地区公民館研究大会福岡大会」の記念講演の場にペシャワール会の会長がお見えになるみたいです。
「公民館研究集会」とかいうと、ちょっと堅苦しいけれど、「面白い」とか、「特色ある」活動をしている社会教育現場の発表の場。そして、現場に携わる人々の情報共有と交流の場。
いわゆる市町村立の公民館は、ここ数年、社会教育だけに固執せず、市民協働のまちづくりの拠点として、そのあり方も役割も変わってきている。だから、私が勤務するセンターも、3年前に「公民館」から「交流センター」へと名前が変わり、地元営利団体も含めた地域住民を巻き込んだまちづくり、地域づくりに奮闘している。

記念講演をするペシャワール会は、まさに地域住民を巻き込んだ一大プロジェクトを続けている団体であると思う。「命の水を繋ぐ」その目的のために地元住民を巻き込んで、誰も想像つかなかった壮大なプロジェクトを続けてきている。

手にした本、『天、共に在りーアフガニスタン三十年の闘いー』の「はじめに」を読むだけで、本当に胸が震えてくる。それは、私が知らなすぎること、無関心すぎること、目先の平和にとらわれ、慣れきってしまっていること、そういうことへの戒めの言葉として伝わってくるからなのだと思う。

 

現地三十年の体験を通して言えることは、

私たちが己の分限を知り、誠実である限り、

天の恵みと人のまごころは信頼に足るということです。

(「はじめに」より、抜粋)

 

多分、泣きながら読むんだろうな。
もしかしたら読み進めることがつらくなるかもしれない。
この地球上で実際に現在進行形で起きているまぎれもない事実。
知ること。知っても何もできないだろうし、何も変えられない。
30年間のことが、たった2冊目を通したからと言って何がわかるというのだろうか。でも、それでもちゃんと知ること。
そこから遠い地に想いを馳せ、自分が立っている地について考えていきたい。

私が衝動的に手に取った2冊の本と、日を経たずして講演会の案内が届き、参加が叶ったこと、これは、行くべくして、初めから仕組まれていたのだと勝手にそう思っているのです。