農家の嫁が働きながらこっそりつぶやく独り言

~仕事のこと、農作業のこと、家のこと、子どものこと、 何気ない出来事 ~

【きものパワー 発動!?】

飯塚市男女共同参画課にいる、会計年度職員の仲良しちゃんからメッセージが届く。
「○○さん(私のこと)、あすばるのホームページに載ってましたよ」

ななな、なんと!!
こっそりホームページをチェックする。
載ってるじゃん!!

www.asubaru.or.jp

 

掲載された理由は、絶対着物パワーだな。
だって私、24人もいた研修生の中で、特別優秀だったわけでもないし(いやむしろ劣等感満載だった)、みんなをまとめる中心的人物だったわけでもなかったからな。
個性的な人が多かったから、器用貧乏の特性丸出しで、埋もれていた方だと思う。
私の人見知りが解除されたのは、今年に入ってからだったし、別のグループの何人かの人とやりとりできるようになったのも最近のことだった。

職場の人にも、まち協関係者にも「リーダー研修受けてます!」なんて伝えていない。
センターを取り巻くいろんな関係団体さんや、個人的につながりのある人には、むしろ知られたくないくらい(笑)。
リーダーになりたいわけではなかったのだけれど、「まなび」の一環としてうけた研修がたまたま「リーダー研修」だった・・・という私の中での位置づけを、いちいち説明するのも面倒だし、上昇志向があるなんて思われるのは余計に面倒なので、黙っているだけのこと(笑)。

まあ、誰もあすばるのホームページなんて見ないだろうから、大丈夫って思っている。
仲良しちゃんには見つかっちゃったけどね(笑)

リーダー研修を受けてわかったことは、自分が目指しているのは、リーダーではなく「マネージャー」ということ。
そして、「マネージャー」になるために、自分に必要なことの一つとして、ファシリテーションスキルを身に付けたいと思ったこと。
こうやって、自分をアップデートしていく機会に恵まれて良かったと思っている。


リーダー研修を受けて、その報告会で「リーダーではなく、マネージャーになりたいです!」って宣言した人って、私くらいかも。
今でも報告会のつかみのセリフを思い出すと、なんだかニンマリしてしまうのだ。

【思考の整理 できてません】

いろいろ心配が重なって、ざわざわしている。
明後日にまちづくり協議会の役員会があって、今週土日がセンターまつり。
それから次の日曜日には立岩地区のこどもマルシェに応援で入るつもりが、がっつりブースを任せられている。
その週は、はじめての龍王山での講座、ゆるゆるキャンプでチェアリングもある。
そうこうしていたら年度末で、センターサークル会の規約をごっそり改正してやろうと企んでいるし、職員の異動の季節になる。
新年度は月曜日スタート。
4月1日しょっぱなからサークル開講式をぶち込んだ。
その後も心配は続く。

それぞれに不安要素があって、その大小も様々。
とにかく落ち着かない。
問題を整理して対処していかなければ。
でも、日中はじっくり考えられない。
なぜって、窓口が忙しいし、電話は鳴るし、それぞれに対応していると、自分が何していたか分からなくなる。
重要かつ熟考を要する案件はなかなか片付かない。だから、余計に不安が増す。

身体は疲れているけれど、深夜に覚醒して眠れなくなる原因は、まさにこれだな。
もともと心配性なのに、自分で自分を忙しくして、自分で自分を不安にしている。
ある時点までくると開き直ってくるのだけれど、こう行事が続くとなると、開き直る暇さえない。
どうしてこうなった?
全部自分のせいだな(笑)。
人には言うんだけどな。
「大丈夫、ちゃんとやれてるし、なるようになるから心配ないよ」って。

誰か私に言っとくれーーー。

 

 

【休息日】

23日から25日までセンターの仕事はお休み。
毎日忙しく、とても疲れているのだけれど、夜中に目が覚めて眠れない日が続いている。
そういうわけで、連休の間はできるだけ何もするまいと心に決める。

23日は久しぶりに大分より、義妹一家が帰省した。
義妹のところの長男が中学校受験をするし、こちらも坊ちゃん二人ともが受験生ということもあって、我が家の受験が終わるまで年末から帰省はおあずけにしてくれていたのだった。
甥っ子も、我が家の坊ちゃんたちも、志望校合格をつかんだということで、久しぶりの再会となる。
義父母より、みんなで焼き肉に行こう!とお誘いがあり、夕食の準備をしなくていいということは、何よりの休息となった。

今週はずっと雨降りが続き、23日も降ったり止んだりだったため、農作業も休む。
ジャガイモの種芋を植えたり、伸びきった栗の木の剪定、みその仕込みなど、することはたくさんあるのだけれど、無理やり休む。
トイレと水回りの掃除だけをして、あとは本を読んだり片づけたり、気の向くまま過ごすことができた。

家の梅の木が順番に盛りを迎えている。
枝垂れの紅梅はもう終わり。
家の裏にある枝垂れの白梅が咲き始めた。

枝垂れの白梅

 

清楚という言葉がぴったり

家にはたくさんの木が植えてあるし、たくさんの花が季節を通して咲くけれど、私はこの枝垂れの白梅が一番好き。

好きなものに囲まれて、好きな時に好きなことをして過ごしたいけれど、それはまだ叶いそうにない。そんな日は来るのだろうか。夢のまた夢。